<視力回復術情報>レーシックの前には適性検査

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



<視力回復術情報>レーシックの前には適性検査ブログ:2019/11/25

ボクは人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から友人を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
好きな人に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば父母とも何かしら距離を感じる様になる…

どうしてボクは
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんなボクには
現在二歳になるムスコがいます。
ムスコにも近所の友人や
公園での友人が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろんボクや家内に対しても、いつもあるがままでいます。

お父さんやお母さんだけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
ムスコはまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
ボクにもそんな時代があったような気がします。

お母さんに連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、ボクは周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な家内やムスコにも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?